top of page

「日中カーボンニュートラルフォーラム」の開催

更新日:2022年9月1日




 第1回目の「日中カーボンニュートラルフオーラム」が2022年3月15日に東京帝国ホテル(本館5階会議室A)にて開催されました。日本側は環境省、静岡県くらし・環境部、静岡経済産業部が参加され、衆議院議員・大岡敏孝環境副大臣が開会の挨拶をされました。中国側は浙江省人民政府、発展改革委員会など政府主要部門が参加され、浙江省朱従玖副省長が出席されました。


 今回のフォーラムは静岡県・浙江省経済交流促進機構が主催し、浙江省・静岡、福井県経済交流促進機構浙江省委員会事務局、日本ハイテク㈱、静岡県日中友好協議会が共催となり、開催形式は日本(東京)と中国(杭州)に会場を設置し、オンラインで接続しました。リアル会場の参加者は約80名、オンライン参加予定者は両国で約3000名に至りました。


 環境問題の解決と持続可能な開発に貢献することを目的とし、中国浙江省と日本の政府部門が連携し、カーボンニュートラル関係者及び産業業界の交流の場を設けることが実現され、両国の官民が共同参加できる本フォーラムにて、カーボンニュートラルの専門学者及び産業界との相互交流のプラットフォーム構築を踏まえ、経験を交流し合い、協力関係を推進することに繋がりました。


 第一部の基調講演では環境省大臣官房環境計画課松田尚之課長より「日本のピークアウト・カーボンニュートラルの情況」を紹介し、静岡県くらし・環境部市川敏之部長より「脱炭素社会構築に向けた静岡県の取組み」を紹介しました。浙江省発展改革委員会呉紅梅副主任より「浙江省カーボンピークアウト・カーボンニュートラルの情況」について紹介し、浙江省経済信息化庁許小月副庁長より浙江省の工業分野のダブルカーボン(カーボンピークアウト・カーボンニュートラル)の現状及び推進構想・政策・措置について発表しました。


 第二部の講演では、共催側の代表として日本ハイテク㈱代表取締役社長兼日本浙江総商会常務副会長を務める中村樹立氏が挨拶をし、日本と浙江省との架け橋に努めることを伝えました。カーボンフリーコンサルティング㈱国内事業本部池田陸郎部長が「産業における脱炭素についての措置及び方法」を紹介し、日鉄エンジニアリング㈱海外営業第一グループ山田勇太グループ長が「脱炭素を含めた環境関連技術・設備」の紹介とWEF技術開発㈱代表取締役社長青山章氏が「CN+SDGsをサポートする技術」について講演されました。


 日中双方が今後もカーボンニュートラルをはじめ、環境に関する幅広い意見交換を行い、協力のあり方を検討し、更なるSDGsの取り組みに活躍できるよう期待します。

Comments


bottom of page